【まんがで読破】シリーズがKindle Unlimitedに続々配信

おススメ本

以前から個人的に気になっていました、

イーストプレス社の

「まんがで読破」シリーズ。

 

2021年4月から、Kindle Unlimitedで

配信されるようになりました。

 

「みんな知ってる。

でも読んだこと、ある?」

といった読みたくも内容が難しそうで

敬遠していた世界の名著が、

まんがで分かりやすく読むことが出来ます。

 

あなたも「まんがで読破」シリーズを

Kindle Unlimitedを利用して、

名だたる世界の名著をまんがで

読破しましょう。

 

「まんがで読破」をKindle Unlimitedで

「まんがで読破」シリーズとは

「まんがで読破」シリーズは、

「みんな知ってる。

でも読んだこと、ある?」

をキャッチコピーに、

日本はもとより海外も含めて

古今東西の名作文学や思想書の名著を、

その内容は損なわずまんがで

分かりやすくまとめてくれています。

 

Kindle Unlimitedで配信開始

「まんがで読破」シリーズは、

2021年5月現在までに

139冊出版されていますが、

そのうちの29冊が2021年4月13日から

Kindle Unlimitedで配信

されるようになりました。

そして、同年5月までに45冊、

それ以降は順次100冊以上を

配信する予定だそうです。

 

Kindle Unlimitedとは

「Kindle Unlimited」は、

アマゾンが運営している

電子書籍の定額読み放題サービスで、

月額980円で約200万冊以上の本が

読み放題というコンテンツです。

 

本を1ヶ月に2冊以上読むのであれば

「Kindle Unlimited」を利用するしか

ないでしょう。

「Kindle Unlimited」については、

別の記事に詳しく解説しておりますので、

「Kindle Unlimited」を

知りたいという方は、

そちらをご覧ください。

 

 

世界の名著を読みまくろう

「まんがで読破」シリーズは、

1冊がだいたい600円~1,000円です。

対してKindle Unlimitedは月額980円です。

なので「まんがで読破」シリーズを

1か月に2冊読めば

元が取れてしまいますし、

「まんがで読破」シリーズを

1ヶ月に2冊読んでも、

すべて読むには4年以上はかかります。

「まんがで読破」シリーズを

読むのであれば、

Kindle Unlimitedを利用しましょう。

そして世界の名著を読みまくりましょう。

 

 

配信ラインアップ

2021年4月13日配信の29冊

 

「レ・ミゼラブル」 ユゴー 作

「レ・ミゼラブル」を読む

 

「白鯨」 メルヴィル 作

「白鯨」を読む

 

「死に至る病」 キェルケゴール 作

「死に至る病」を読む

 

「君主論」 マキアヴェッリ 作

「君主論」を読む

 

「赤と黒」 スタンダール 作

「赤と黒」を読む

 

「神曲」 ダンテ 作

「神曲」を読む

 

「カルマーゾフの兄弟」 ドストエフスキー 作

「カルマーゾフの兄弟」を読む

 

「銀河鉄道の夜」 宮沢賢治 作

「銀河鉄道の夜」を読む

 

「資本論」 マルクス 作

「資本論」を読む

 

「続・資本論」 マルクス、エンゲルス作

「続・資本論」を読む

 

「戦争と平和」 トルストイ 作

「戦争と平和」を読む

 

「ドン・キホーテ」 セルバンテス 作

「ドン・キホーテ」を読む

 

「罪と罰」 ドストエフスキー 作

「罪と罰」を読む

 

「悪霊」 ドストエフスキー 作

「悪霊」を読む

 

「武士道」 新渡戸稲造 作

「武士道」を読む

 

「我が闘争」 ヒトラー 作

「わが闘争」を読む

 

「学問のすすめ」 福沢諭吉 作

「学問のすすめ」を読む

 

「ドグラ・マグラ」 夢野久作 作

「ドグラ・マグラ」を読む

 

「破戒」 島崎藤村 作

「破戒」を読む

 

「こころ」 夏目漱石 作

「こころ」を読む

 

「堕落論・白痴」 坂口安吾 作

「堕落論・白痴」を読む

 

「斜陽」 太宰治 作

「斜陽」を読む

 

「舞姫」 森鴎外 作

「舞姫」を読む

 

「リア王」 シェイクスピア 作

「リア王」を読む

 

「羅生門」 芥川龍之介 作

「羅生門」を読む

 

「夜間飛行」 サン・テグジュペリ 作

「夜間飛行」を読む

 

「人間失格」 太宰治 作

「人間失格」を読む

 

「明暗」 夏目漱石 作

「明暗」を読む

 

「蟹工船」 小林多喜二 作

「蟹工船」を読む

 

 

2021年5月11日配信開始

「阿Q正伝」 魯迅 作

「阿Q正伝」を読む

 

今後の配信予定

 

2021年5月配信予定

・「論語」

 

・「続・論語」

 

・「1984年」

 ジョージ・オーウェル 作

 

・「葉隠」

 山本常朝 作

 

・「種の起源」

 ダーウィン 作

 

・「ヴェニスの商人」

 シェイクスピア 作

 

・「若きウェルテルの悩み」

 ゲーテ 作

 

・「ジキル博士とハイド氏」

 スティーブンソン 作

 

・「失われた時を求めて」

 プルースト 作

 

・「水滸伝」

 施耐庵 作

 

・「マクベス」

 シェイクスピア 作

 

・「或阿呆の一生」

 芥川龍之介 作

 

・「源氏物語」

 紫式部 作

 

・「般若心経」

 

・「古事記」

 

・まとめ

「まんがで読破」シリーズから

出版されているタイトルは、

そのキャッチコピー

「みんな知ってる。

でも読んだこと、ある?」

のとおり、

タイトルは知っているけど

読むのはちょっとためらうような

ものばかりです。

 

わたくしもKindle Unlimited

を利用して10冊以上を読破しました。

 

名著とは、

その時と時代が変わっていても

共感する部分があるからこそ、

今でも受け継がれているものです。

あなたも世界の偉人たちが遺した名著に

触れてみてはいかがでしょうか。

コメント