【ネット活用で読書】書店へ行かずにネットで本を入手する方法を体験してみました

わたくしは今まで

「本は書店で買うもの」として、

電子書籍やネット販売を利用したことは

一度もありませんでした。

しかしながら、新型コロナウィルスの影響を境に

ネットを利用した読書を体験することにしました。

 

ネットを活用して本をゲット

・ネット通販

・Amazon Kindle Unlimited

・Amazon Audible

 

目次

書店以外で本を購入してみました

わたくしの場合、

目的もなく書店へ出向いて平積みされている本や

背表紙のタイトルから中身をざっと立ち読みして、

気になった本を購入する感じで「本との出会い」を

大切にしております。

しかしながら、2020年の新型コロナウィルスの影響により、

日本でもゴールデンウィーク前に「非常事態宣言」が発令され、

不要不急の外出を控える様になるのと同時に

書店も相次いで自粛閉店してしまい、

せっかくのゴールデンウィークといった読書するには

もってこいの時期に本との出会いの場が閉ざされてしまいました。

このままでは

「ネットで本を買うのは、せっかくの本との出会いがなくなる」

との思いから、

ネットで本を購入したことがありませんでしたが、

書店で買えないなら別の方法で本をゲットしようと

ネットを利用することにしました。

 

ネット通販を利用して本を購入

今ではネット通販で様々な商品が購入できますよね。

当然のことながら、本も購入できます。

有名どころでは、楽天ブックスAmazonなどといったサイトです。

個人的には、ネットで本を購入する事は

「本との出会い」を否定する行為であるとの勝手な解釈で

今までは利用したことがありませんでしたが、

書店で本が購入できないのであれば仕方がありません。

暫くは「本との出会い」を我慢して、

ネットで本を購入してみました。

少し驚いたのは楽天ブックスですが、

午前中に注文すれば最速で次の日には届きました

わたくしはいままでネット通販自体もあまり

利用しておりませんでしたが、

それって普通みたいですね。

ビックリしました。

 

電子書籍に挑戦

書店が相次いで閉店し始めた3月あたりから、

書店で本を購入できないのであればネットで

購入しようとネットを漁っておりましたら、

電子書籍という方法もあるなと思い浮かびました。

 

電子書籍を読む・聴く

同じく読書好きでした義父が数年前に

「本を読みたいが、家の本棚がいっぱいになって置く場所がない」

と言っていたので電子書籍を勧めたことを思い出し、

わたくしも電子書籍に挑戦することとにしました。

義父にその時勧めたのは、Amazon Kindleでした。

義父の携帯電話はガラケーでしたので、

端末としてKindleをプレゼントしました。

今では、タブレットPCやスマホでもアプリを

ダウンロードすれば見られますので、

改めて電子書籍リーダーを購入することは

ないかと思いますが、

タブレット端末を持っていなくてスマホ画面では

文字が小さいので電子書籍リーダーを購入したいのであれば、

Amazon Fire HDがコスパ最強です。

Amazon Fire HDですと電子書籍リーダーとして使えるほか、

プライムビデオが観られたりAlexa機能も搭載されていますし、

何よりこれだけの機能を搭載しておきながら価格はKindleより安いです。

わたくしも、スマホアプリをダウンロードして読んでみました。

今までは通勤カバンに常に3冊以上の本を詰め込んでいましたので、

けっこう重量がありかさばってどうかしたいと思っていましたが、

スマホで電子書籍をダウンロードすれば持ち運びしないで済むのが

第一の良い点でした。

また、一つのアカウントで購入した1冊の本をスマホ・PC・タブレットに

重複して入れられますので、

同じタイトルの本を家ではタブレットで電車ではスマホでといった、

場所によって端末が選べるのも助かります。

 

・おススメの電子書籍はAmazon Kindle

・タブレット端末なら、Amazon KindleよりAmazon Fire HDの方がコスパ最強

 

スポンサーリンク

 

Amazon Kindle Unlimited

Amazon Kindle Unlimitedは、

月額制で読み放題の電子書籍サービスです。

通常は月980円ですが、

初めて利用するときは30日間無料サービスでして、

さらにいつでも退会が可能です。

1冊1000円の本を買う値段で1か月読み放題となれば、

かなりのお得です。

読みたい本のタイトルが決まっているのであれば、

本を購入するよりも良いかと思います。

わたくしも利用してみました。

またAmazon Kindleは自主出版も出来まして、

中にはAmazon Kindle Unlimitedでも読める本があります。

Amazon Kindleのみの出版ですので当然のことながら

書店や他のサービスでは読むことが出来ませんし、

わたくしの読んだ自主出版本はグーグルアドセンスの審査に

関するアドバイスであったりと、

書店では出回らない様なマニアックな案件を数ページで

簡略的にまとめている本でした。

わたくしが読んだ自主出版本は総ページ数が

10ページしかなかったので、

書店に無い様な本の内容で数分もあれば

読破できしたので大変役立ちました。

 

スポンサーリンク

 

Amazon Kindle

・月額980円の定額制で読み放題の電子書籍サービス

・初めて利用するときは30日間無料

・しかも無料期間中に退会可能

・書籍はもちろん、雑誌や漫画も読み放題

・マニアックな分野の自主出版本がおススメ

 

Amazon Audible

Amazon Audibleは、アマゾンが運営する本の

朗読ダウンロードのサービスです。

プロの人気俳優・声優やナレーターの方が

本を朗読していますので違和感なく聞くことができます。

しかも通常は月額1500円で月1冊聴くことが出来ますが、

1か月間の無料サービスで1冊無料でさらに

いつでも退会が可能です。

また、選んだ本がしっくりこなかった場合の

クーリングオフサービスもあり、

かなりお得感があります。

わたくしも試しに登録して2冊購入しまして、

いつもであればラジオやvoicyや音楽を聴いている

ウォーキング中や料理中や車の運転中に聞いております。

感想としては、今まで敬遠していた自分を恨みたくなるくらい、

もっと早くから利用していればと思いました。

大作の本を読むにはそれなりの時間を

確保する必要がありましたが、

Amazon Audibleですと読書時間以外の空いた時間を

利用して聞くことが出来ますので、

時間を有効に活用できます。

本で400ページ以上あり読むにはかなり決心が必要だと

感じるような大作であれば、

Amazon Audibleでは聞き流す方法をおススメします。

少し難点は、朗読サービスであるが故に新書はあまりありません。

出版から大体半年前後の遅れがありますので、

話題の新書をすぐに聞きたいというのは難しいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

Amazon Audible

・月額1500円の定額制の本の朗読サービス

・毎月1冊ずつ無料で購入が可能

・初めて利用するときは30日間無料で1冊無料

・しかも無料期間中に退会可能

・会員なら購入後365日以内の返品が可能

・通勤や家事・運転中など、ラジオ感覚で聞き流すのにおススメ

・まとめ

個人的には、今まで本のネット通販や電子書籍などは

利用していませんでしたので

「本は書店で買うモノ」

と思い込んでいましたが、

ネットを利用した本の購入や電子書籍などを体験して、

新たな読書の方法を開拓した感じです。

しかしながら、今までお世話になった

書店へのリスペクトはありますし、

自分の時間を本の重厚感やインクと紙の独特な香りを

感じながらゆっくり読書する楽しみやフラッと

書店に行っての本との出会いは、これからも継続はします。

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる