勉強法を知りたい方必見!効率的に勉強したいあなたが読むべき本4冊とは

勉強していても、自分が効率よく勉強をしているかって、あまり考えないかもしれません。

どうせ勉強するなら、より効率的に勉強したいですよね。

脳科学や心理学など科学的に実証されていたり、過去の人物が実際に取り入れていた効率が良い勉強法はいくつもあります。

効率よく勉強したいのであれば、まずはその勉強法を学ぶことから始めましょう。

あなたもこれから紹介する本から勉強法を学べば、今まで以上に勉強の効率が上がること間違いなしです。

効率的に勉強したいあなたが読むべき本4冊

最短の時間で最大の成果を手に入れる【超効率勉強法】

【独学大全】「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

学びを結果に変える【アウトプット大全】

学び効率が最大化する【インプット大全】

目次

効率的に勉強したいあなたが読むべき本4冊

最短の時間で最大の成果を手に入れる【超効率勉強法】

最短の時間で最大の成果を手に入れる【超効率勉強法】のポイント

これから勉強したい方におススメ

どの勉強法も科学的に証明された簡単に実践できるものばかり

1日あれば読破出来る量にまとめています

メンタリストとして有名なDaigoさんが、勉強法が分からない人に向けて、欧米などの学者による研究結果に基づいた、科学的に証明された誰でも簡単に実践できる勉強法を紹介。

この本では、Daigoさんが科学的に証明されたアクティブラーニングを基本に、最も効率の良い勉強方法を提案しております。

アクティブラーニングとは、簡単に言うと人から学校のように先生から一方的に教えを聞いてノートを取るような受動的な勉強では無く、あなた自身で頭を使って能動的に考えながら向かう様に設計された勉強法です。

わたくしもこの本を読んで、再言語化というテクニックを実践しております。

因みに、参考書を買って来ては重要な部分をマーカーで塗って満足する方法は、科学的には非常に効率が悪いそうです。

早く教えてほしかったです🤣🤣。

再言語化もそうですが、この本で紹介されている勉強法は、どれも簡単に実践できるものばかりですので、これから勉強したいけれど、どう勉強したらよいかといった方におススメの1冊です。

【独学大全】「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法

【独学大全】「学ぶこと」をあきらめたくない人のための55の技法のポイント

この本は「勉強の辞書」

古典から最新研究まで55の勉強法を解説

なぜ勉強するかといった原点から学べる

本書は、正体不明の読書家で独学の達人である読書猿が、ギリシャ哲学から最新の論文まであらゆる「知の先人」から学んだ勉強法を55の技法にまとめたものです。

とにかくこの本は厚い!全部で788ページもあります。

ということは、それだけ勉強方法が載っているということです。

なぜ学ぶのか

何を学ぶのか

どう学びたいのか

といった学びの基本に対して、私見的ではなく古典から最新の研究結果のエビデンスをもって解説しています。

ありとあらゆる55の勉強法が網羅されていますので、一読して浅くとも内容を把握し、その後はあなたが勉強において行き詰まった時に読む「勉強法の辞書」として利用するのが良いでしょう。

わたくしもそうしています。

学びを結果に変える【アウトプット大全】&学び効率が最大化する【インプット大全】

学びを結果に変える【アウトプット大全】&学び効率が最大化する【インプット大全】のポイント

著者は日本一インプット&アウトプットをする精神科医

脳科学に裏付けられた勉強法を紹介

勉強法の説明が図解で分かりやすい

本書の著者である樺沢紫苑氏は精神科医であると同時に、2019年現在で

メルマガ毎日更新14年

Facebook毎日更新9年

Youtube毎日更新6年

毎日3時間以上の執筆12年

年2~3冊の出版11年連続

セミナー講義毎月2回以上10年連続

と、この人1日何時間あるの?と思うくらいのアウトプット量。まさにアウトプットのバケモノです。

そんな「日本一のアウトプットをしている精神科医」である樺沢紫苑氏が、自らの経験をもとに圧倒的に結果の出る「アウトプット術」を「アウトプット大全」で紹介しております。

「アウトプット大全」が2018年に出版されたときは半年足らずで30万部を突破し、その後アウトプット関連の本が書店にあふれ、空前のアウトプットブームを巻き起こしました。

そして「アウトプット大全」の出版から1年後、アウトプットの重要性は浸透しつつありましたが、アウトプットには「アウトプット力を高めるためのインプット術」が重要であるという思いから、「アウトプット大全」の発行から約1年がかりで「インプット大全」を執筆・発行されました。

「アウトプット大全」と「インプット大全」に紹介されている勉強法は、どれもほんの些細なことを意識するだけで実践できる簡単なモノばかりです。

ですのでこの「アウトプット大全」と「インプット大全」は、これから勉強したいけどまずはどう勉強すれば良いのかといったところから学びたい方に、ピッタリの2冊です。

しかも、その手法の全てを図解で説明していますので、分かりやすく読みやすいです。

あまり読書は得意ではないといった方でも、1冊3時間くらいあれば読破できるでしょう。

しかも本書には効率の良い読書法も記載されていますので、読書が苦手な方は読書法から読んでみるのがおススメです。

効率的に勉強をしたいあなたが読むべきおススメ本紹介まとめ

今回紹介しました本でもそうですが、勉強するときに勉強法を知っているか知らないかだけで、同じ勉強でもその質が全然違ってきます。

そして効率の良い勉強法は、本当に些細なことを意識するだけというのが分かるはずです。

些細なことを意識するだけなので、誰でも今すぐに実行できるレベルのことですので、これから勉強を始めたい方はもちろんのこと、自分の勉強法を見直すためにも、この4冊はぜひとも読んでみて下さい。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる