【部下に謝れますか?】部下に謝れない上司に信頼などありません

あなたは自分のミスで

部下に迷惑をかけた時、

部下に対して心から謝ることが出来ますか?

自分のプライドが邪魔して謝れない人が

少なからずいます。

しかしながら身分はどうあれ

自分のミスを謝れないような人を

尊敬できるでしょうか。

部下と信頼関係を築きたいのであれば、

自分のミスを素直に認められる

人間になりましょう。

 

【部下に謝れる上司】

・謝れない上司は信頼がない

・ミスを認める上司は信頼が厚い

・自分のミスには厳格に

・部下のミスには寛容に

 

目次

素直に謝れることの重要性

謝れない人を見る目

あなたは他人のミスで自分に

被害が及んでしまった時に、

その相手から謝罪がいっさい

無ければどう思います。

当然「ふざけるな」となるでしょう。

それが、上司と部下の関係であれば

そうならないなんて、おかしいですよね。

上下関係の間柄では、謝罪は不要。

なんとも上司に都合の良い話でしょう。

上司であるあなたのミスに対して

「上司だから仕方がない」

なんて思う部下は、

この世には一人もいません。

部下がその様に振舞ったとしても、

それは単に我慢しているのでしょう。

部下に気を遣わせる上司。

その様な上司であれば、

部下との信頼関係など

構築できるわけもありません。

上下関係の間柄に関係なく

「謝れない人」についていこう

などとは誰も思わないでしょう。

 

素直に謝れる上司を部下はどう見るか

それに対して、

素直に謝れる上司を部下は

どう思うでしょう。

わたくしなら

「目下に気を遣える上司」

「自分を認められる上司」と思いますね。

人間は必ずミスをします。

ヒューマンエラーも仕事のうちです。

ですので、

ヒューマンエラーを回避するために、

自分でチェックしたり

他人に照査をお願いするのですから。

ミスを許容する人間は、

他人のミスに対しても寛容で、

自分のミスに対して厳格な方です。

部下は、自分のミスを認めない上司より

ミスに対して寛容かつ迅速な対応で

ミスを帳消しにするような上司の方が

信頼されるでしょう。

 

部下がナメてかかるのは別問題

上司であるあなたが、

部下に対して素直に謝れない理由に

「部下にナメられるから」

という方がいます。

これは全くの別問題です。

この様に思っている方は、

部下との関係に別のところに

問題があるのです。

ミスするたびに謝っていたら、

部下にナメられるとお思いでしょう。

それは部下があなたの

「ミスの多さ」に問題があるのです。

そしてそのミスの度に謝らない

あなたに対して「ミスしても謝らない」

というレッテルを貼るのです。

この様な方はプライドが高くて、

他人のミスは許さないといった、

自分に都合が良い解釈しかできません。

部下からの信頼などは構築できる

以前の問題です。

部下からナメられても仕方ありません。

 

部下に謝る環境作り

小さいミスでも謝る

どんなことでも良いです。

まずは小さいことからでも、

自分のミスは素直に謝りましょう。

そうすることで、

謝りやすい環境を自ら作るのです。

 

部下のミスに寛容になる

あなたが自分のミスを認めず

部下に謝れない人間だとして、

そのような人が部下のミスに対して

叱責するのは、

それこそ部下からは信頼されない

ことでしょう。

あなたも必ずミスをします。

ですので、自分のミスを認め、

部下のミスには寛容でなければ

なりません。

部下のミスに対して寛容になる思考は、

別の記事にまとめていますので、

そちらもご覧下さると幸いです。

https://namitatsu092.com/462/

 

そもそも

ミスをしなければ謝罪は不要

そもそも論になりますが、

自分のミスを部下に謝りたく

ないのであれば、

あなたがミスをしなければ

済むのです。

あなたがミスをしなければ、

部下に謝る必要もありません。

部下に謝りたくないのであれば、

まずはあなたがミスをしない

人間になって下さい。

 

ミスを隠すなら

その時にミスを隠ぺいすることは

絶対にしてはなりません。

自分のミスを隠してまで

部下に謝りたくないと

思っているのであれば、

部下からの信頼は期待しないで下さい。

そうであれば、

自分のミスを素直に認める

人間になる方がよほど

精神的に楽ですけどね。

 

まとめ

わたくしは部下に対して

謝ってばかりです。

そこには上司と部下といった

関係のプライドなどは皆無です。

そして自分のミスを素直に認め、

部下のミスには寛容であるからこそ、

部下も自分のミスを隠すこと無く認め、

お互いに客先までミスを持ち込まない

システムが機能しています。

あなたも自分のミスを素直に認め

部下に謝れる環境を作り、

部下から信頼される上司を

目指してください。

 

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる